2018年07月11日

【注意喚起:2018年7月11日】ChromeおよびFirefoxに発生した不具合について

※注意:下記記事とは別に同様の「ニセ警告画面」を表示させる「攻撃」がすべてのOS、ブラウザで確認されています。こちらをクリックして確認してください。


GoogleChromeやFirefoxに特定のWebページを見ただけでWindowsをフリーズさせる不具合が発生した模様です。
Internet ExplorerやEdgeは影響ありません。

この不具合を悪用し、ソフトをダウンロードするよう仕向け偽ウイルス対策ソフトをインストールさせようとします。

ChromeやFirefoxは自動でアップデートが行われるようになっていますので、不具合解消の情報が出次第起動すれば、不具合対策後の状態になるように設定されています。

不具合解消の情報が出るまでChromeとFirefoxの使用は控えたほうがいいかもしれません。

もし、この不具合を悪用したサイトに遭遇してしまったら・・・
この場合はCtrl+Alt+Deleteを同時押しし、「タスクマネージャ」を起動して、不正な画面を強制終了させる必要があります。

36938959_1393541014111579_2325052138775904256_n.jpg


偽のウイルス対策ソフトを入れてしまった場合、システムを破壊するものがありリカバリになるものが多くなっております。意図しないソフトが入っている状態ではデータの漏えい等予期しない事態になる恐れもあります。感染しないようご注意ください。

posted by ピーシーアシストAIZU at 15:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 注意喚起情報

2018年07月05日

自分や家族・友人の個人情報が流出したらどうなるの?

自分や家族・友人の個人情報がインターネット上に漏洩(流れる)したらどうなるのか?

・自分のプライバシーが侵害される可能性が発生する。
・家族は友人のプライバシーが侵害される可能性が発生する。

プライバシーに関する個人情報はインターネット上では公開しないこと、
Winnyなどの不特定多数のコンピュータ間でファイルの共有や交換を行うソフトウェアは
使用しないこと

<個人情報とは>
・氏名     ・住所       ・趣味・嗜好
・生年月日   ・メールアドレス  ・犯罪歴・政治思想
・性別     ・電話番号     ・家族・友人・知人の個人情報
・血液型    ・パスポート情報
・身長     ・学歴系情報
・体重     ・勤務履歴情報
・身体特性   ・健康保険証情報
・個人の写真  ・年金証書情報
・生体認証情報 ・免許番号
・人種     ・介護保険証情報
・国籍     ・健康診断結果

posted by ピーシーアシストAIZU at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン修理に関する情報

WindowsのOSをアップデート、AppleのiOS OSをアップデートをしないと危険!

Windows または、Apple のOSをアップデートしないでそのまま使用していると
ウイルス感染等、危険が増大する。

コンピュータに悪さをするウイルス、スパイウェア、ポットはWindows、AppleなどーとのOSに存在する
情報セキュリティ上の欠陥(セキュリティホール)があるとインターネットに接続すると幹線してしまうため
セキュリティパッチ(修正プログラム)を公開しています。常にウイルスその他に感染しないためにはOSを
最新の状態(アップデートをまめに行う)にしましょう。

posted by ピーシーアシストAIZU at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン修理に関する情報

パスワードを他人から解読されない方法とは?

パスワードを他人から解読されない方法

文字だけでなく、数字や記号を組み合わせ(おりまぜ)てパスワードを作ることです。
パスワードは長ければ長いほど良い(強い)が基本です。
但し、下記のようなパスワードは避けてください。
・短すぎる文字列
・ユーザー名と同じ文字列
・aaa aaa aaaなど同じ文字を繰り返す
・辞書で引ける英単語
・電話番号、郵便番号、生年月日
・自分や家族の名前、ペットの名前
などです。

パスワードは忘れないようにメモに残す場合、貴重品の保管場所を決めて管理して下さい。

【専門的な解説】
パスワードについては盗み見という心配よりも「総当たり攻撃」(ブルートフォースアタック)のほうが怖い状況です。
総当たり攻撃とは単純でホームページのログイン画面のパスワード入力欄に例えば「1」というパスワードを試し、駄目なら「2」を、駄目なら「3」をというように、とにかく当てずっぽで次々ログイン試行を試していくパスワード破り手法です。
手で入力すればとても大変な行為ですが、パソコンで自動で行う悪質なソフトやウイルスもあり、とてつもない速さでログイン試行を行うことができてしまいます。
単純にパスワードが短ければ短いほど、早く正規のパスワードに当たるわけですから危険というのは想像できます。
しかし、生年月日、郵便番号、辞書で引ける英単語、名前などはなぜ危険なのでしょう。

最近の総当たり攻撃を行うソフトはAI化が進んでおり、「当たる可能性の高い」パスワードから試行するようになっています。
「当たる可能性の高い」パスワードはほとんどのケースで生年月日や名前の組み合わせ、また固有名詞の組み合わせだったりします。これを予め総当たり攻撃を行うソフトが覚えているのです。

ですので、パスワードはランダムな文字列のものが必要となっているわけです。
posted by ピーシーアシストAIZU at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン修理に関する情報

パソコン・スマートフォンを購入した時に最初に行う設定とは?

<質問新規>
新規にパソコンやスマートフォンを購入しました。
情報セキュリティ対策として
・他人に自分の個人情報を見られたくない
・ウイルスが心配なので対策したい
どのような設定をしたら良いでしょうか?

<回答>
パソコンやスマートフォンでインターネットを利用する場合、気をつけなければならないのは
情報漏えいや破壊などの悪さをするウイルスです。安心、安全にインターネットを閲覧するには
・AndoroidスマートフォンはGoogle Play以外で配布されているアプリもインストールでき、ウイルスに感染しているものもあります。そのためウイルス対策ソフトを導入(インストール)が必要です。
・iPhoneはインストールできるアプリがウイルス検査済みのアプリストアで配布されているものに限られる仕様なので、ウイルス対策はありません
・自分以外の他人に勝手にパソコンやスマートフォンの中を見られないようにするには起動画面で
 パスワード(パスコード)を設定しましょう。

posted by ピーシーアシストAIZU at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン修理に関する情報