2015年11月17日

架空請求メールのおかしい部分を弁護士が解説しています

架空請求メールがよく届きますが、明らかに文面におかしいところがあるということを実際の弁護士が以下のブログで示しています。

架空請求メールはほかの業者における顧客名簿漏洩などで漏れたメールアドレスからランダムに送信している可能性があります。
メールアドレスの@より右側で携帯電話のものかどうかが、だいたいわかります。(契約業者もわかります)

携帯電話であるメールアドレスを抽出し、とにかく無差別に架空請求メールを投げます。
なお、ここ最近は携帯メールをパソコンで送信できるサービスが出てきており、迷惑メールフィルタを乗り越えてくるものもあります。

このような架空請求に引っかかってお金を支払わないよう、ご注意ください。
posted by ピーシーアシストAIZU at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンについてのアドバイス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/167981213
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック