2015年11月18日

パソコンの動作不良の時試していただきたいこと

時折、パソコンが起動しないなどの症状でお預かりした結果、正常に起動し検査で異常なくお返しするケースがあります。
原因としてわかっていることは、パソコンにかぎらず殆どの電子基板には「キャパシタ」もしくは「コンデンサ」という名称の一時的に電気を貯める部品に電源OFF時も電機が残ったままになったためです。
condencer.jpg
キャパシタ(コンデンサ)に溜まった電気はパソコン自体に通電が無いと自然になくなる仕組みになっていますが、ノートパソコンのバッテリーやつなぎっぱなしのコンセントからの給電により電気が溜まったままとなる場合があります。

キャパシタ(コンデンサ)に電気が溜まったままの状態が継続すると、パソコンの動作時にさらに電気がたまる形になり、貯められる電気の限界を超えて不具合が起こります。

  • パソコンが起動しない(メーカーロゴも表示されない)
  • USBが一切反応しない
上記の症状が弊社で確認している症状です。

まず、パソコンが起動しない場合はコンセントから電源コードを外し、バッテリーが付いている機種はバッテリーを外したうえで30分放置してからバッテリー、コンセントを刺し、電源を入れてみてください。
posted by ピーシーアシストAIZU at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンについてのアドバイス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/168052183
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック