2015年11月20日

現在インターネットが閲覧できない症状の方へ(2015年11月WindowsUpdate不具合情報)

2015年の2週目ぐらいからインターネットに繋がらないという修理依頼が急激に増えています。
症状としては「Internet Explorerでインターネットを見ようとすると画面が真っ白で表示されない、表示が遅い、黄色い変な画面が出る。メールやネットを使うアプリケーションは動作する。」とのこと。
黄色い変な画面とは下の画面になります。
ime2007障害.jpg(実際に修理した案件よりプライバシー部分を削除して撮影)

発生条件:Windows Vista、Windows7、Windows8、Windows8.1においてMicrosoft IME2007、Office IME2010のいづれかを使用している
上記の状態で今月公開のWindows Update セキュリティ更新プログラムを適用すると発生。

対処方法は「今後、このプログラムに関する警告を表示しない(S)」にチェックを入れ、「許可する(A)」をクリック、その後再起動です。
Skitch から.png
かならず、最後にパソコンを再起動してください。

現時点で遭遇した以上の案件はこの方法で治っています。Microsoftが修復するかどうかは不明です。
posted by ピーシーアシストAIZU at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン修理に関する情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/168186109
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック