2015年12月05日

Adobe Flashついに終了へ

Adobe SystemsのFlashがいよいよ終焉を迎えました。
終焉の始まりはセキュリティ上の理由から亡きスティーブ・ジョブズの判断により、iOSでのFlashサポート停止です。
その後、Windowsで動作するブラウザの一部にもFlashを使用できないように設定されているものも出始めました。

この結果、Adobe Sysytemsはついに「Flash」の看板を下ろす状況になったようです。
Adobe Flash Professional CCは2016年版からAdobe Animate CCに名称変更となります。
主にアニメを作成するためのソフトとなります。(実際、テレビで放送されているアニメにはFlashで作成されたものも有ります)

Flash自体はホームページに動きを加えるためのソフトです。この動きに関しては実は現在JavaScriptなどで実現可能です。
正確にはインターネットの規格を決定する機関であるWWWC(ワールドワイドウェブコンソーシアム)ではFlashは使用せず、HTMLとJavaScriptの組み合わせでホームページに動きを実現できるHTML5という規格を使用するよう勧告しています。

重要なサイトにFlashを使わなくなった時点で、「プログラムの追加と削除」からFlashをアンインストールする時代に来たのかもしれません。
タグ:Flash
posted by ピーシーアシストAIZU at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/169311945
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック