2015年12月16日

【重要】InternetExplorerのサポート終了のお知らせ

MicrosoftよりInternet Explorer (インターネットエクスプローラー)のサポート終了の案内が出ております。
概要ですが、2016年1月12日をもって、Windowsのバージョンごとに以下のInternet Explorer以外のバージョンのサポートを全面的に終了します。

ad47350e.png

WindowsXPより前のOSはOSサポート終了の時点でInternetExplorerのサポートも終了しています。

Windows Vista → Internet Explorer 9
Windows7 → Internet Explorer 11
Windows8 → Internet Explorer 11
Windows8.1 → Internet Explorer 11
Windows10 → Internet Explorer 11 (新搭載のEdgeはもちろんサポート継続)

Windows Server 2008 → Internet Explorer 9
Windows Server 2008 R2 → Internet Explorer 11
Windows Server 2012 → Internet Explorer 11
Windows Server 2012 R2 → Internet Explorer 11

つまり、該当のWindowsに搭載できる最新のInternet Explorerのバージョン以外はサポート終了となります。
このため、Internet Explorerの最新バージョンが入っていない方はWindows Updateからアップデートしてください。

今後、WindowsXPのように欠陥の修正が行われなくなります。インターネットのブラウザのため欠陥発覚即ウイルス感染(ウェブページから感染)という状態になり、WindowsXPのサポート終了よりも事態は深刻です。



問題はここからです。
現在、2016年1月12日にサポート終了するInternet Explorerのバージョンをどうしても使い続けなければならないユーザーが間違いなく存在します。弊社の周りでも該当者が数名ほど。

原因は自治体関係の資料のアップロード、電子入札を行っているパソコンは電子認証システム(証明書)の問題により最新のInternet Explorerを使用することができません。さらに一時期のJavaの開発トレンド(プログラマー的な流行)により、旧バージョンのjavaでしか動かないシステムが蔓延し、今回のサポート終了するInternet Explorerとすでに欠陥が発覚しているバージョンのJavaを組み合わせて使用せざるを得ない状況が発生しています。

この状況に対応するために各自治体は動いているようですが、場合によっては改造に数千万円から億単位の資金が必要となるため、財政難にあえぐ自治体では対応の遅れが間違いなく発生しています。

危険なシステムを使わざるを得ない場合、どのような対処が必要か。
まずは入札などを行うパソコンを決め、入札以外に使用しないことです。これが最も安く済む手段と考えます。
システムの仮想化とか提案している会社もありますが、これは金額次第と思います。

中古パソコンの導入が必要な場合、弊社ご相談ください。特定バージョンのInternet Explorerをインストールしたパソコン等も準備可能です。
posted by ピーシーアシストAIZU at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン修理に関する情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/170002605
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック