2016年01月20日

今後最新のCPU搭載のパソコンはWindows10にせざるを得ないそうです

現在最新の第6世代Intel Core iシリーズ(Core i7、Core i5、Core i3。コードネームSkylake)はWindows7以降で動作しますが、MicrosoftがこのCPUにおけるWindows7および8.1のサポートを2017年7月17日で終了すると発表しています。
また、今後新規に発売されるCPUはIntel、AMD問わずWindows10のみのサポートとなります。


ここまでしてもWindows10に移行させる方針のようですが、Windows7や8.1を正規のサポート終了(Windows7は2020年、Windows8.1は2023年)まで使いたい場合は型落ちCPUのパソコンを使わざるを得ないようです。

第5世代のCore iシリーズまでは正規のサポート終了までサポートを継続します。
今後、Windows7を使用したい方向けには中古パソコンしか手配できない可能性も出てきましたので、ご注意ください。
なお、弊社で店頭販売中のパソコンは現在初代または2代目のCore iシリーズ搭載機種がメインです。
価格も35,000円〜準備しておりますので、ご相談ください。
posted by ピーシーアシストAIZU at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン修理に関する情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/172350681
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック