2008年12月10日

Windows標準搭載のワードパッドに脆弱性があるとのこと。

Windowsに標準で搭載されているワードパッド(OfficeのWordシリーズとは違います)に脆弱性があり、ワードパッドからウイルスを実行させることが出来るらしいです。
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2008/12/10/21807.html

ワードパッドはWindows95、NT以降、どのWindowsにも標準で搭載されている機能です。
つまり、Windows搭載のパソコンはどれも該当してしまう問題であり、パッチが提供されていないために常にワードパッドを使用するたびに危険が伴うことになります。

ただし、WindowsXP SP3では現象が出ない模様で、XP使用している方はSP3にアップデートしてしまうのも手です。

ワードパッドという意外に見落としやすい(使わない)アプリケーションにも、考えもしなかったような機能が含まれていることが多いので、気をつけなければなりません。
posted by ピーシーアシストAIZU at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/24121769
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック