2009年10月24日

メールについてのアドバイス

(1)メールはどうすればいいの?
 Windows7には、たくさんの新機能が追加されていますが、
 その一方で、これまで標準で搭載されていた機能のうち、
 削除されているものもいくつかあります。
 中でも代表的なのがメールソフトです。
 WindowsXPではOutlookExpress,WindowsVistaでは
 Windowsメールが 標準で搭載されていましたが、
 Windows7にはこのいずれも 搭載されていません。
 では、メールはどうせればよいのでしょうか?
 これには大きく分けて3つの方法があります。
 1つはWebメールを使う方法。もう1つはフリーメールソフトを
 使う方法、そして最後はOfficeのOutlook2007など
 市販のメールソフトを購入する方法です。
メールが使えないと、仕事や友人などとの連絡にこまって
 しまいますので、どれかの方法でメールを使えるように
 しておきましょう。ここでは費用をかけずにメールを
 利用できるWebメールとフリーメールソフトを利用する
 方法を紹介しましょう。
・Webメールを使ってみよう
 最近では、メールソフトがパソコンにインストールされている
 場合でも、それを使わずにブラウザを使ったWebメールでは
 メールの逆受信を済ませている人も少なくありません。
 最近のWebメールはメールソフトと同じ位機能が充実して
 いますし、複数台のパソコンを使っている場合でも
 どこでも利用できるのが便利だからです。
 このため、Windows7の利用を機に、思い切ってメールソフトから
 Webメールへと乗り換えてしうのも1つの方法です。
 Webメールにはさまざまなサービスがありますが、
 ぷらら会員であれば、ぷららのWebメールサービスを利用
 するのがもっとも手軽です。
 ぷららのトップページにはWebメールにアクセスするための
 リンクがあるので、ここから「ログイン」ボタンをクリック
 してアクセスしましょう。ログイン画面でメールアドレスと
 パスワードを入力すると、メールボックスが表示され、
 受信したメールを読んだり、新しくメールを送信したり
 することができます。
・フリーメールソフトをインストールしよう
 「メールはやっぱりメールソフトを使いたい」という場合は
 フリーの、メールソフトをインストールするとよいでしょう。
 どのメールソフトを使うかは好みにもよりますが、
 WindowsXPのOutlookExpressやWindowsVistaの
 Windowsメール を使っていたのであれば、
 「windowsメール」がおすすめです。
 Windowsメールとほとんど同じ操作で使えるようになった上、
 OutlookExpressやWindowsメールでバックアップした 
 メールデータやアドレス帳なども問題なくインポートする
 ことができます。
 WindowsLiveメールは、WindowsLiveのサイトから無償で
 ダウンロードすることができます。
 アクセスしたら「今すぐダウンロード」ボタンでクリック
 します。すると専用のダウンロードが起動しますので
 インストールしたアプリケーションを選択します。
 テレビ電話が楽しめるWindowsLiveメッセンジャーや
 写真を管理したり共有したできるWindowsLiveフォトギャラリー
 などもありますが、必要に応じてダウンロードしましょう。 
 インストール後、windowsLiveメールを起動し、
 メールアカウントやパスワードを設定すればメールを
 逆受信することが可能です。 
posted by ピーシーアシストAIZU at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンについてのアドバイス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33157662
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック