2009年10月24日

アップグレートについてのアドバイス

(1)アップグレートか買い替えか?
 「そんなに速くて、快適なら、Windows7に乗り換えようか」
 と思い始めた人も少ないことでしょう。
 Windows7は、いわばXPの動作速度とVistaの機能を合わせて
 さらに進化させたようなOSです。
 今、WindowsXPを使っている人も、WindowsVistaを
 使っている人も Windows7に乗り換える事で必ずメリット
 を得ることができます。
 では、もしもWindows7に乗り換えるとしたら、どのような
 方法が適しているのでしょうか?
 Windows7に乗り換える方法は、大きく分けて2つあります。
 いつは今使っているパソコンのアプリケーションやデータは
 そのままに、OSだけをWindows7にアップグレートする方法。
 もう1つはパソコン自体を買い換える方法です。
 それぞれのメリット・デメリットについてケース別に  
 見ていきましょう。
・WindowsVista搭載機を使っている場合
 WindowsVistaが搭載されたパソコンを使っている場合は
 アップグレートするか、買い換えるかは、どちらでも可能です。
 まず、アップグレートする場合のメリットを見ていきましょう。
 WindowsVistaからWindows7へのアップグレートは簡単です。
 Windows7のパッケージを購入すれば、今使っている
 パソコンの環境などを引き継ぎながらwindows7を
 インストールすることができます。
 必要なのはWindows7のパッケージのみでしかも優待価格の
 アップグレート版のパッケージを購入することができますので、
 1万5000円〜2万6000円前後と買い替えよりは費用を抑える
 ことができるのがメリットです。
 ただし、問題はアップグレートインストールが問題なく
 できるかどうかです。Windows7はWindowsVistaと高い
 互換性を持っていますので、アップグレートインストールの
 難易度はさほど高くありません。
 ただし、パソコンによってはメーカー製の専用ドライバー
 アプリケーションがインストールされていることもあります。
 これらのドライバやアプリケーションがWindows7でも問題なく
 動作するとは限りません。Windows7の販売が近づけば
 メーカーからアップグレート情報が提供されるようになります。
 自分で使っているパソコンでWindows7が動作するか、
 またはインストールに必要なドライバやアプリケーションは
 入手できるかを、事前に確認するとよいでしょう。
・WindowsXP搭載機を使っいる場合
 WindowsXPが搭載されたパソコンを使っている場合、
 基本的には Windows7が搭載したパソコンへ買い替えが
 推奨されます。
 WindowsXPはWindows7のアップグレート対象外となって
 おりますので、Vistaのようにアップグレートインストールを
 することができません。
 また、WindowsXPが搭載されたパソコンの多くは販売から
 3年以上が経過している可能性があります。この時代の
 パソコンの性能を考慮すると、Windows7を快適に動作
 させるだけのスペックを備えていない可能性もあります。
 現在、5万円前後で販売されているネットブックや低価格の
 パソコンなどの方が性能が高い場合もありますので、
 思い切ってWindows7が搭載されたパソコンに買い換えた方が
 効率いいでしょう。
posted by ピーシーアシストAIZU at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンについてのアドバイス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33158690
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック