2009年10月24日

windows7についてのアドバイス

・Windows7にはどんな種類があるの?
 さて、Windows7に乗り換えるとしたら、どのパッケージを購入ば
 よいのでしょうか?
 Windows7には、用途に応じて6種類のエディションが用意
 されています。
 その内訳は「Starter」「HomeBasic」「HomePremium」
 「Prefessional」「Enterprise」「Ultimate」です。 
 このうち、「HomeBasic」は日本国内では販売されず、
 「Starter」はパソコンメーカーがプリントインストールして
 提供する製品となります。また、「Enterprise」は
 企業向けユーザー向けとなります。
 このため、実質的にはパッケージ版として購入可能な製品は
 「HomePremium」「Professional」「Ultimate」の
 いずれかになります。
 機能的には全ての機能を搭載した「Ultimate」、Ultimate
 から多言語対応と情報を漏えいさせないための暗号化機能
 BitLokerを省いた「Professional」Professionalから
 ネットワークバックアップ機能、企業のネットワークに
 接続するためのドメイン参加機能、XPモードを省いたのが
 「HomePremium」となります。
・家庭で使うならどのエディション?
 メールをやり取りしたり、ホームページを見たり、ブログを
 書いたり、写真やビデオを取り込んだりと、家庭などで
 一般的な用途にパソコンを使うのであれば「HomePremium」
 がもっとも適したエディションになるでしょう。
 最上位のUltimateと比べるとXPモード、、ドメイン参加
 ネットワークバックアップ、BitLoker、多言語対応の機能が
 なくなりますが、これらは全て企業向けの機能となります。
 Windows7の新機能として、いろいろなところで紹介されている
 XPモードが使えないのが少々残念ですが、
 XPモードの利用には 仮想化技術に対応したCPUも
 必要になりますので、そもそも
 今お使いのパソコンが対応していないと利用できません。
 価格も通常版で24,800円、アップグレート版でも15,800円と
 手頃な上、おそらくメーカー製のパソコンにももっとも
 多くプリントインストールされると予想されますので
 Windows7の中でもっとも一般的なエディションと
 なるでしょう。
 HomePremiumでも、改善されたタクスバーやAero Peekなどの
 新機能、非常に快適な動作速度というWindows7ならではの
 メリットを得ることができますので、家庭で使うには
 もっとも適しているでしょう。
・職場で使うならどのエディション?
 企業などの大量導入する場合などは、恐らく1つの
 Windows7に複数の使用権が付与されたボリュームライセンスで
 提供されるEnterpriseが採用されることも多いでしょう。
 一方、もしも家庭でも職場でも使うパソコンを自分で
 購入するというのであれば、必ずProfessional以上の
 エディションを選んでおきましょう。
 セキュリティの問題で個人のパソコンを企業のドメインに
 参加させることはなかなか難しくなってきていますが、
 もしも可能であってもwindows7がドメインへの参加機能を
 サポートしていないと企業のネットワークに繋ぐことは
 できません。
 ドメインへの参加はProfessional以上でのみサポート
 されていますので、Professional/Enterprise/Ultimateの
 いずれかのエディションを選択しましょう。
 また、BitLokerによる高いセキュリティ機能や海外との
 情報のやり取りなどに便利な多言語環境が必要な場合は、
 全部の機能が搭載されたUltimateやEnterpriseが必要に
 なります。用途を考慮して適切なエディションを選ぶ
 ようにしましょう。とのあれ、様々な新機能が
 搭載されたWindows7。10/22の発売が非常に楽しみです。
posted by ピーシーアシストAIZU at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンについてのアドバイス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33159576
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック