2009年11月06日

SOTECでリカバリDVD(リカバリCD)が作成できない機種のハードディスク交換方法

SOTECで「緊急復旧CD」が付属し、ハードディスク内にリカバリ領域が存在するパソコンは、リカバリCD、DVDが作成できません。
さらに、リカバリDVDの提供もありません。(SOTEC Q&A 文書番号0000001523)

これでは、ハードディスクが故障した場合、自力で換装することができないことになります。(メーカー修理になってしまう)

しかし、なんとかリカバリDVDを作成することができました。また、ハードディスクの換装の際もコツがいるようです。

以下の方法ができない方へ、ハードディスクのリカバリ領域が無事の場合、ピーシーアシストAIZUにてリカバリDVDの作成、ハードディスクの換装サービス(有料)を行っております。
ぜひ、ご利用ください。

SOTEC リカバリDVD作成方法
別にVirtualFDFreeISO Createrが必要です。用意すること。
SOTEC パソコンの隠し(リカバリ)領域から「HDREC」フォルダを階層崩さずコピーする。

付属の「緊急復旧CD」をマウントし「BOOTIMG.BIN」をコピーする。

VirtualFDを使用してBOOTIMG.BINをマウントする。

  VirtualFDでマウントした仮想フロッピードライブを開く。
その中の"autoexec.bat"を下記の様に変更する。
---------ここから-----------------------
A:\Repair\MSCDEX.EXE /D:mscd001 /L:i>nul
I:
cd hdrec
start
---------ここまで-----------------------

そして、BOOTIMG.BINのマウントを解除する。
BOOTIMG.BINをBOOTIMG.IMGにリネームしておく。

FreeISO Createrを起動する。
右のAdd Folderをクリックし、あらかじめコピーしておいた「HDREC」フォルダを指定し、ISOファイルのイメージにフォルダの内容全てを加える。

下の「Options」をクリック。
Boot OptionsのCreate bootable imageのチェックを入れ、Boot imageにBOOTIMG.IMGを指定する。

OKをクリックする。
「Save ISO as…」をクリックし、ISOファイルの名前を設定しておく。
Convertをクリックし、ISOファイルを作成する。(終了すると、ISOファイルを作成したフォルダを開くか聞いてくるので好きに選択。どちらでもよい。)

作成されたISOファイルをDVDに焼いてください。
このBOOTIMG.BINを起動イメージとして
このDVDで起動すると、
Sotec純正のリカバリが開始されます。

ハードディスク換装する際の注意事項

換装するハードディスクはハードディスクのラベルやハードディスクのメーカーのサイトを参照して「強制マスター」か「Single」に設定してください。
これが無いと、リカバリプログラムは「Invalid destination drive」とエラーを吐いて止まります。

WindowsXPのインストールCDなど(WinPEでもいいのかな?)でパーティションを3つに分割し、すべてNTFSでフォーマットしてください。

パーティション1 ・・・ リカバリ領域のダミーパーティション(4GBぐらい)
パーティション2 ・・・ Cドライブと認識させるパーティション(自由)
パーティション3 ・・・ Dドライブと認識させるパーティション(自由)

ダミーパーティションが無いとNorton Ghostがエラーを吐いて止まります。
また、パーティション2、パーティション3はリカバリCDによって削除されます。
(どうもパーティションが3つあるかチェックしているらしく、このパーティション分割、NTFSフォーマットが無いとエラーでリカバリが停止します)

リカバリDVDを起動し、必ず「2.高度なオプションを選択して復元する」でリカバリしてください。(その後の選択肢はどちらでも構いません)

なお、プリインストールアプリケーションのうち、Office以外のプログラムのインストーラは、リカバリDVDの「HDREC」フォルダ内の「App」フォルダの中身を探してください。
------------------------------------------------------------------------------------
この一連の内容はWinBook WA350にて確認しております。
また、ISOファイルの作成はWindowsXPをインストールした別マシンで行っております。
posted by ピーシーアシストAIZU at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン修理に関する情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33467975
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック