2009年03月27日

今日の記事の余談

本日の別の記事にあった通り、当店ではFMV DESKPOWER LXシリーズの修理を結構やっているわけですが、中にはこんなのもありました。

LX、すごいゴミこれはひどい。

このLXはお客様の修理依頼で入ってきたものではなく、Yahoo!オークションで落札したものです。
今後、検証用か事務用に使用予定です。

あまりにもゴミが凄いので、どこで使用していたのかが気になります。
posted by ピーシーアシストAIZU at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン修理に関する情報

富士通FMV DESKPOWER LXシリーズの修理ができます!

最近、富士通のFMV DESKPOWER LXシリーズの修理が結構入ってきています。
http://www.fmworld.net/fmv/pcpm0812/deskpower/lx/index.html?fmwfrom=fmv_serieslist
FMV LX70X/DFMV LX70X/D、この形状以外のLXシリーズもあります。一体型デスクトップです。

お客様からのお話では、この機種は修理が出来ない業者が多く、大変困っている方が多いとの事です。
よくある故障の症状としては、バックライトが点灯しなくなる(画面が暗くなってしまう)という典型的なバックライト切れの症状ですが、修理が難しくバックライトを修理する他業者でも断ることがある機種とのこと。

当店では、このFMV DESKPOWER LXシリーズ(LX70M、X70TD、LX70H、LX70L、LX70Y、LX70W、LX75R、LX50KN、LX50TD、LX50H、LX50J、LX50L、LX55Y、LLX50Y、LX50K、LX/A70D、LX/B70D、LX/C70D、LX/B90Dなど)の修理は可能です。修理実績もあります。(この記事のLXもバックライト修理です。メモリも問題あったようです。)

ぜひ、FMV DESKPOWER LXシリーズの修理はピーシーアシストAIZUへどうぞ。
posted by ピーシーアシストAIZU at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン修理に関する情報

2009年03月25日

松下のスリムドライブは欠陥商品なのか

前々から気づいていたのですが、ピーシーアシストAIZUに入ってくる故障パソコンのうち、CD、DVDドライブ故障のものは8割方松下製ドライブ(UJ-XXX、UJDA-XXX)を搭載しています。

故障の内容はCD、DVDが読めない、書けない、認識しないといった具合でドライブ交換すると直ります。(つまり、ドライブが故障しているわけです)

あまりにも松下製が故障するので、なぜ故障するのか当店なりに考えてみました。
色々なパソコンと接しているうちに、一つの故障パターンが見えてきました。

まず、同じ松下製なのに故障しにくいスリムドライブが存在すること。
そして、故障するドライブの形状が同じこと。この2点です。

松下製なのに故障しにくいスリムドライブとは・・・
まず1つめがLet's NoteのWシリーズ、Tシリーズに搭載されているドライブです。
2つ目がこれ。
LF-P767CLF-P767C

共通していることは、ドライブの蓋が上に開くんですね。
逆に故障しているのは横に飛び出すか、スロットインタイプのものです。

ということは、モジュール(基盤やレンズ)の欠陥ではないといことになります。

そして、ドライブが故障したパソコンに共通している点、それはホコリがドライブに詰まっているという事です。(肉眼では確認できない部分に詰まっているケースも)

どうも、ホコリを吸い込みやすい構造のようです。
長持ちさせるには、ホコリが少ないところで使用するか、定期的にドライブを掃除(難しいですが)するのが良いと思います。
posted by ピーシーアシストAIZU at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン修理に関する情報

2009年02月16日

無償のウイルス対策ソフトCOMODO

ウイルス対策ソフトはほとんどのものが有償です。

その中でも無償で使用できるものもいくつか存在しますが、ユーザー登録が必要だったり、アドウェアまがいのものをインストールする必要があったりします。

そんな中で、無償で使用でき、ユーザー登録が義務でないソフトとしてCOMODOがあります。
http://www.personalfirewall.comodo.com/download_firewall.html

日本語表示が出来ず英語表示だけという壁はありますが、最低限のセキュリティ対策を行いたいときには便利です。

ちなみに、まとめWikiが存在します。インストール、運用の参考にしてみてはどうでしょうか。
http://www4.atwiki.jp/comodopf/
posted by ピーシーアシストAIZU at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン修理に関する情報

2009年02月12日

NEC、富士通、EPSONユーザー向けSeagate製HDD問題の対策パッチ提供

NEC,富士通、EPSONユーザー向けにSeagateのハードディスク問題対策パッチが公開されました。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2009/0212/seagate.htm

以下、記事の引用です。
NECの対象機種は、店頭販売モデルでは、2008年9月に発売したPC-VN770RG/750RG、PC-VW790RG/770RG/500RG、PC-VL500RG/300RG、PC-VM100RH、PC-VR730RG/330RGの10機種。Web直販モデルでは、2008年9月に発売されたモデルで、PC-から始まる構成コードの右から6桁と7桁目がGC/HC/LC/NC/RCの320GBまた500GB HDD搭載モデル、および2009年1月に発売された同GDの計6機種。いずれもVALUESTAR G タイプNの16型を除く。


 富士通の対象機種は、2008年秋冬/2009年春モデルのFMV-DESKPOWERシリーズ、2008年夏/2008年秋冬/2009年春モデルのFMV-TEOシリーズ。


両社とも、パッチはネット上公開ではなく、要求のあったユーザーに郵送で配布するようです。

詳しくは、以下のページをご覧ください。
NEC
http://121ware.com/navigate/support/nec-hdc/
富士通
http://azby.fmworld.net/support/info/20090210/
EPSON DIRECT
http://www.epsondirect.co.jp/support/information/2009/seagate.asp
posted by ピーシーアシストAIZU at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン修理に関する情報

2009年02月09日

Windows7からはネットブックに制限がかかる模様

2月4日の記事において、Windows7のエディションをお知らせいたしました。
http://pcassistaizu.sblo.jp/article/26278156.html

その際、ネットブックへは機能制限版が出るということが書かれましたが、具体的にどのようなものになるか考えて見ます。

ちょうど2月9日にエディションについての話題をimpressのフリーライター笠原氏が書いていますので、これを参考にしてみましょう。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2009/0209/ubiq246.htm

具体的にはネットブック用のStarterEditionは以下の機能制限があるようです。

1.画面の解像度の制限
2.同時に開けるウインドウ数の制限
3.付加機能の制限(Aero無しとか)

画面の解像度の制限は現在発売されているネットブックの平均的な1024×600程度が限界になると予想します。
色々な雑誌のフリーライターさんの予想もこのような感じです。

同時に開けるウインドウ数の制限は下手すると3〜4個程度になるのではと考えます。

付加機能が無いのは仕方ないでしょう。Microsoftはネットブック向けのOS(WindowsXP)を3,000円(30ドル)程度で提供しているとimpressの笠原氏の記事に書いてありますし。
サービスにも限界がありますね。

つまり、Windows7以降のネットブックは思うようにアプリケーションが使用できなくても仕方が無いという状態になります。

続きを読む
posted by ピーシーアシストAIZU at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン修理に関する情報

2009年02月05日

WindowsXP販売終了による当店の対応

WindowsXPは1月31日をもって、CD、DVD版の販売を終了いたしました。
パソコンショップもWindows XPのCD、DVD版の在庫がなくなり次第販売終了となります。

WindowsXPのDSP版販売終了に伴い、当店は在庫を極力持たない営業方針のため、入手不可能の場合はWindows Vista(Home Basic等)にて対応します。

また、メーカーのリカバリディスクの提供もXPモデルに関しては縮小の方向です。
リカバリ提供があるメーカーのXPモデルでも機種によっては提供終了になっているものもありますので、ご注意ください。

リカバリディスクがある方は無くさないよう、気をつけてください。
posted by ピーシーアシストAIZU at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン修理に関する情報

2009年01月30日

日立型1.8inchのSSDが発売

日立型1.8inchのSSDが発売されました。
http://www.flashmemory-japan.com/photofast/gmonster18.html

日立型1.8inchハードディスクはすでに生産終了しており、入手も非常に困難です。
現時点で確認できるのが、一部の販売店にて20GBの確認がありますが、20GB以外の容量はヤフーオークション頼りの状態です。

このSSDは32GBあるため、機種によってはある程度のスペックアップになります。

当店では、このSSDの入手が可能な限り交換サービスに応じます。
現時点での当店での価格は24,800円になります。
posted by ピーシーアシストAIZU at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン修理に関する情報

2009年01月28日

パソコン保守部品販売開始のおしらせ

ピーシーアシストAIZU保守部品の販売は2012年末を持ちまして終了いたしました。

ピーシーアシストAIZUでは、この度一部メーカーの保守部品を販売することになりました。
対象のメーカーはNEC、富士通、Panasonic、シャープ、東芝です。

なお、保守パーツは同じ部位の部品でもメーカー、機種ごとに違いますので、種類としては星の数ほどあるかもしれません。

そのため、WEBに価格の記載が一切出来ません。
この点、ご了承いただきたいかと思います。

対象メーカーの保守部品がほしい方は規定のフォームからメーカー、機種名、部品名と個数を連絡先を沿えて送信してください。

当店より見積もりをFAXにて発送いたします。
その見積書に部品の価格が記載されますので、検討いただければと思います。

その後、発注される場合は銀行振り込みで代金送金後、見積書が発注書を兼ねていますので、必要事項を記入の上、当店までFAXしてください
posted by ピーシーアシストAIZU at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン修理に関する情報

2009年01月23日

ネットブック(ミニノート)パソコンの液晶修理は割高になることが多い

ここ最近発売されたVAIO Type Pが好評のようで、売り上げを伸ばしています。
このような「超」小型パソコンは液晶のバックライトにLEDを採用しているケースが多く、液晶修理の際に「液晶交換」となります。

よって、修理費用が冷陰極管バックライトに比べ割高となります。

現在の相場としては、8.4〜12inch wideで4万円程度とまだ高く、機種によっては、パソコンそのものを買い換えたほうが早くなります。

ミニノートは他にメモリオンボードの機種もあり、メモリが壊れるとマザーボード交換になってしまう機種もあります。

同じようにEeePC 4G-XはSSDもオンボードで修理はマザーボード交換です。

このように、安いネットブックは「壊れたら買い替え」というのを考えて購入する必要があるでしょう。
posted by ピーシーアシストAIZU at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン修理に関する情報

2009年01月21日

【速報】Seagete製ハードディスク販売停止

本日付の記事の続報です。
秋葉原で該当機種の販売が停止された模様です。
http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20090124/etc_seagate.html

今後リコールがかかる可能性が出てきました。
情報にご注意ください。
posted by ピーシーアシストAIZU at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン修理に関する情報

Seagate製ハードディスクの問題

この年末年始、掲示板界隈ではSeagate製ハードディスクの不具合報告が多数寄せられていました。
主に最近生産された500GB以上の大容量のものが中心でしたが、Seagate社が認めていなかったため、掲載を遅らせていました。

ここにきて、Seagate社が不具合を認めましたので、お知らせいたします。

詳しくはimpressの記事をご覧ください。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2009/0119/seagate.htm

症状としては最悪ハードディスクが認識しなくなるというもので、かなり危険な問題です。

該当のハードディスクは
Seagate Barracuda ES.2
ST3250310NS
ST3500320NS
ST3750330NS
ST31000340NS
Seagate Barracuda 7200.11
ST3320613AS
ST3500620AS
ST3640323AS
ST3750330AS
ST31000333AS
ST31000340AS
ST31500341AS
ST3500320AS
(以上、まとめサイトより引用)

有志によるまとめサイトがあります。
http://wikiwiki.jp/buyhdd/?7200.11%C9%D4%B6%F1%B9%E7

該当のハードディスクの購入方法によって対応が変わりますので、まとめサイトの情報を参考にしてください。
posted by ピーシーアシストAIZU at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン修理に関する情報

2009年01月15日

パソコンの修理部品保有期限に注意

先日、研修のため東京へ行って参りました。

その際、商談のために某東芝の代理店様へ寄った際、店員より重要な情報を頂きました。

今まで各メーカーの修理部品の保有期限は政令により製造終了から7年となっていましたが、その政令が時代に即した改定がなされたようで、各メーカーの裁量で修理部品の保有期限を決定できるようになったそうです。

実際に代理店が扱っている東芝では、ある時期(詳しい時期は聞けませんでしたが)からのパソコン機種の保守部品は3年で手に入らなくなることがあると言われました。

実際、東芝の修理窓口の規約を見てみると、保守部品の保有期限に関しては以下のようになっています。

https://pcrepair.jp/irpc/irpc_wb000/irpc_top.aspx
13. 保守部品(補修用性能部品)の保有期間
保守部品(補修用性能部品)とは、本製品の機能を維持するために必要な部品です。保守部品の最低保有期間は、製品発表月から6年6カ月です。保有期間の終了をもちまして、保守対応は終了とさせていただきます。


つまり、製造終了からではなく、発表から6年6ヶ月で終了となるわけです。

その機種の発売期間が長ければ長いほど、製造終了からの部品が入手できる期間が短くなります。
アウトレット(型落ち)の新品ならなおさらです。

当店では、もし新品部品が手に入らなくなった場合でも、各問屋やオークション等(場合によっては海外)を経由して新品、中古部品を入手し修理いたします。

もし保有期限が切れている機種であっても当店で対応いたします。ご相談ください。
posted by ピーシーアシストAIZU at 17:07| Comment(1) | TrackBack(0) | パソコン修理に関する情報

2009年01月05日

1円パソコンの仕組み

最近、秋葉原を歩くと1円とか100円とかでパソコンを販売している店が目立ちます。

どの店もパソコンを1円(100円)で販売する代わりにイーモバイルの2年縛り契約(2年間の契約維持を必須とする契約)を結ぶことを条件にしています。

さて、この方法で購入した場合、実際得なのか検証してみました。

契約させられるイーモバイルのプランは「にねんMAX」です。
http://www.emobile.jp/cgi-bin/press.cgi?id=561
家電量販店経由で通常契約である「新にねん」で契約した場合に、家電量販店に対し支払われる販売奨励金(インセンティブ)の額48,000円に対し、21,600円を加算する(合計69,600円)契約です。
この販売奨励金はお客様が端末(イーモバイルの端末以外でもOK)を購入する際の足しに使用すると決まっています。
この販売奨励金をパソコン販売時の原価や利益の不足分に充てているから1円パソコンが実現するわけです。
では、実際得なのか・・・
posted by ピーシーアシストAIZU at 15:04| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン修理に関する情報

2008年12月17日

BGA(はんだボール接続)タイプのチップを使用したメモリは熱で壊れやすい?

最近、メモリの故障で入ってくるマシンが多いのですが、よくある故障パターンがあります。

・熱処理がうまくいっていないハイエンドノート
・メモリがBGAである。(下の画像参照)
memory
※写真はbuffaloですが、buffalo(CFD)製に限った話ではありません。

この2点の条件が合った故障が結構入ってきます。
メモリを交換すれば済む話ですが、故障しやすいのもあまりよくありません。

熱の発生が通常以下の機種についてはメモリの故障が少ないため、故障原因は熱を疑うしかありません。
特に近くにあるCPUやグラフィックチップの熱が大きく、裏が触れなくなるほど熱くなる機種は要注意です。

このようなパソコンにメモリを増設する際は、BGAタイプはやめたほうがいいのかもしれません。


posted by ピーシーアシストAIZU at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン修理に関する情報

2008年12月15日

LEDバックライトの液晶を仕入れてみました

当店では、バックライトがLEDタイプの液晶を2つほど仕入れてみました。
サイズは8.9inchワイドと12.1inchです。

LEDタイプと冷陰極管タイプの大きな違いが1つあります。
LEDタイプのバックライトはパソコンの中枢で使用している電圧で動作し、高圧電流が必要ないためインバータが要りません。
そのため、冷陰極管タイプの場合存在するバックライトへの電気供給のための線(リード線)が存在しません。
バックライトへの電気供給線は画像信号のためのフレキシブルケーブルに統合されています。

LEDバックライトの液晶パネル
IMG_0090.JPG

こちらは冷陰極管バックライトの液晶パネル。赤丸の部分にバックライトへの電源供給用のリード線がある
IMG_0094.JPG

8.9inchワイドはたぶんeeePC用だと思われます。
当店では、LEDバックライト方式の液晶の一部サイズの確保が可能になりましたので、LED液晶の交換ができるようになりました。
どうぞご利用ください。
posted by ピーシーアシストAIZU at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン修理に関する情報

2008年12月06日

年末年始の営業について(速報)

今年も残り少なくなってきました。
ここで、年末年始の営業時間についてお知らせします。

年末は大晦日31日まで通常営業(10:00〜19:00)です。

1月1日〜1月4日はお休みです。
新年は1月5日(月)より通常営業いたします。

なお、年末年始は郵便、宅配便の混雑のため、修理品の到着が1〜2日程度遅れることがあります。ご注意ください。
posted by ピーシーアシストAIZU at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン修理に関する情報

2008年10月29日

FMV-BIBLO NF/A75における発煙の情報

富士通製 FMV-BIBLO NF/A75について、発煙の恐れがあるようです。
http://azby.fmworld.net/support/info/20081028/?jpfrom=top
まだ、この件に関する対応は発表されていません。
発煙の現象が出た際には、今年の春モデルですので保証が適用されますので、購入元にご相談ください。


当店ではパソコンのリコールがあった場合に、有償(基本工賃のみ)のリコール判断サービスを行っております。
リコール対象の故障かを判断できない場合、当店へご相談ください。
当店において各種テストの後、該当する場合は代理で富士通に修理依頼をします。(基本工賃と富士通とのやり取りのための送料はいただきます。)もし、その他の故障の場合は当店で格安で修理いたします。
posted by ピーシーアシストAIZU at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン修理に関する情報

2008年10月24日

Windowsセキュリティパッチ「MS08-067」緊急公開

本日、マイクロソフトより緊急セキュリティパッチ「MS08-067」が公開されました。

http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/MS08-067.mspx

通常、セキュリティパッチは毎月10日前後に1か月分同時公開しますが、その法則を破って公開されるセキュリティパッチは特に即適用しないと危険です。

大概、すでにそのセキュリティホールを悪用した攻撃(ウイルス等)が活動しているので、すぐに適用をお勧めいたします。
posted by ピーシーアシストAIZU at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン修理に関する情報

2008年10月13日

液晶インバーター図鑑を製作中です。

現在、液晶インバーター図鑑なるものを製作中です。
ある程度出来ましたので、仮オープンにしておきます。
まだ、液晶インバーターはいろいろありますので、
どんどん追加していきたいと思います。

液晶インバーター図鑑

なお、インバーター故障のパソコンをお持ちの方で、該当のインバーターがこの図鑑に載っているという方は、規定の料金で交換修理を致しますので、ご検討ください。

※インバーターのみの販売はしておりません。
posted by ピーシーアシストAIZU at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン修理に関する情報

2008年10月04日

Eee BOXは回収、交換になりました

昨日ウイルス混入をお伝えしたASUStek社製Eee Boxですが、
http://pcassistaizu.sblo.jp/article/20460876.html

回収、交換になりましたので、お伝えします。
http://eeepc.asus.com/jp/news_popup2.htm
posted by ピーシーアシストAIZU at 07:56| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン修理に関する情報

2008年10月03日

速報・・・本日発売のASUStek EeeBoxにウイルスが感染している模様

本日発売のASUStek製EeeBoxに工場出荷時の段階でウイルスが感染している模様です。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/1003/asustek.htm

現在、ASUStek公式ではまだ発表がありません。

なお、感染しているウイルスは「W32.SillyFDC」とのことです。
駆除方法等は以下のページを参照してください。

シマンテックのW32.SillyFDC情報
http://www.symantec.com/ja/jp/security_response/writeup.jsp?docid=2006-071111-0646-99

ソフォスのW32.SillyFDC情報
http://www.sophos.co.jp/security/analyses/viruses-and-spyware/w32sillyfdci.html

その他
http://d.hatena.ne.jp/chronok/20080324/1202750452
posted by ピーシーアシストAIZU at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン修理に関する情報

DELL Dimension 2400c 4600cの電源部不具合(発煙等)

DELLにて9月30日付けでデスクトップパソコンDimension 2400cおよび 4600cの電源部不具合が発表されています。
http://supportapj.dell.com/support/topics/topic.aspx/jp/shared/support/news/2008/20080930?c=jp&l=ja&s=gen

修理している立場から考えると、はんだ部分の割れのような不具合はかなりの頻度で発生しています。
原因としては弱くても長時間持続する振動、衝撃などです。
(針金などは1回曲げただけでは切れませんが、何回か同じところを曲げていると切れる原理と同じです。)

当店では、はんだを扱うことが出来る担当者が複数います。
また、はんだが複雑な部分(メモリーソケット等)は、はんだ専門業者である「ノセ精機」様へ依頼しており、出来る限りの万全の体制をとっております。
posted by ピーシーアシストAIZU at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン修理に関する情報

2008年09月29日

Qosmio G30のnVIDIA GeForceチップ焼損(熱による故障)対策が発表されています。

過去に、東芝Qosmioシリーズのグラフィックボード故障について記事を書きました。
http://pcassistaizu.sblo.jp/article/15116520.html

この故障の原因のひとつが熱の排出の問題だったわけですが、その対策がQosmio G30に関して発表されました。

http://dynabook.com/assistpc/info/nvgpu/index_j.htm

BIOSで制御しているファンの回転数を上げる対策だと思われます。
同時にnVIDIAチップに対する保証期間延長を行っています。

Qosmio G30シリーズで画面の表示がおかしくなった場合、無償修理できる可能性が高くなりました。
ただし、これはnVIDIAチップ(GPU)の故障の場合なので、液晶パネルに以上がある場合は対象外で修理料金をとられます。

GPUか液晶パネルの故障かを判断できない場合、当店へご相談ください。
当店において各種テストの後、GPUに該当する場合は代理で東芝に修理依頼をします。(基本工賃と東芝とのやり取りのための送料はいただきます。)もし、液晶パネル故障の場合は当店で格安で修理いたします。
posted by ピーシーアシストAIZU at 15:07| Comment(1) | TrackBack(0) | パソコン修理に関する情報

2008年09月08日

最近、パソコン輸送中の破損事故が増えています。

ここ最近、輸送の際の破損事故が増えています。
原因としては、パソコンを不適切な梱包財で包んでいるためです。
例として、「紙袋に新聞紙を詰めただけ」「ノートパソコンを羊羹の箱(厚さ10cm程度でギリギリ)に入れる」というケースです。
あまりにも簡易すぎる梱包の場合、運送会社側が保障してくれない恐れがあります。

なるべくなら、パソコンの送付にヤマト運輸を利用する際には「パソコン宅急便」の箱をご利用ください。
また、パソコン購入時に入ってきた箱が残っている場合は、その箱をご利用できます。ただし、購入時に入っていたとおりに入れる必要があります。

今までは、お客様から送られてきた際の梱包財にて、修理完了後の返却を行ってまいりました。
しかし、破損事故が多いために今後は、あまりにも簡易すぎる梱包で送られてきて、返却の際に破損することが想定される場合は返却のときに別の梱包財を用意し、その代金をお客様に請求することがありますので、ご注意ください。
posted by ピーシーアシストAIZU at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン修理に関する情報

2008年09月05日

VAIO TypeTのリコールについて

詳しくは下記のサイトをご覧ください。
http://vcl.vaio.sony.co.jp/iforu/hotnews/2008/09/001/
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/0904/sony2.htm

今回のリコールでは、最悪の場合パソコンが再起不能になるケースがありえます。
内部パーツ損傷だけでなく、プラスチックの枠が変形すると見た目も最悪になります。
posted by ピーシーアシストAIZU at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン修理に関する情報

2008年08月25日

近日、データ救出の価格改定があります。

2008年9月1日受注分より、データ救出サービスの価格およびハードディスクの価格を改定いたします。

データ救出は9月よりコース制になり、お客様は3つのコースから実情に応じて選択していただくことになります。

詳しくは8月29日(金)にホームページを更新しますので、ご確認ください。

また、ハードディスクの値段を一部値下げします。これも9月1日受注分から適用で、価格は8月29日(金)のホームページ更新にて公表しますので、ご確認お願いいたします。
posted by ピーシーアシストAIZU at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン修理に関する情報

2008年08月11日

安物のACアダプタに要注意

最近、純正以外のACアダプタが原因による電源トラブルが多くなっています。
電気屋で売られている安いACアダプタですが、ケーブル切れなどのACアダプタ故障が多いです。
中途半端なケーブルは段の場合、電圧が落ちてパソコン本体の電源部を壊すことがあります。

下の写真は最近故障で入ってくるパソコンに使われていた安いACアダプタです。よく写真の部分が破断します。
update0001.jpg

なるべくなら純正品か高めのACアダプタ(7,000円ぐらい)を使用したほうがいいようです。
posted by ピーシーアシストAIZU at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン修理に関する情報

2008年08月05日

ウイルスバスター使用者は20日のアップデートに注意してください

今月20日にウイルスバスターの基幹プログラムのウイルス検索エンジンを大幅に更新します。
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2008/08/04/20472.html

どのウイルス対策ソフトにもいえることですが、大幅な仕様変更を伴うアップデートは不具合を起こす可能性が高いので、十分に気をつけてください。
posted by ピーシーアシストAIZU at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン修理に関する情報

2008年08月04日

CPUに常に負荷がかかる処理に注意

結論から言うとパソコンの平均負荷が高いと壊れるのも早いということです。
人間でたとえると、パソコンの負荷が高いというのは血圧が高いということと同じです。
高血圧が長く続くと病気になりやすいですね。

平均負荷が高いときにパソコンが壊れる原因は熱によるもの、コンデンサの劣化が多いでしょう。
電源周り、CPU周り、熱の処理によってはメモリやハードディスクも故障しやすいです。


パソコンに長時間にわたって負荷がかかりやすい処理は以下の事柄です。

・パソコンでテレビを見る
→特にソフトウェアエンコードのテレビチューナー搭載だと負荷が断然高まります。また、地上デジタル放送のハイビジョン放送を受信してみているときは、チューナー搭載のCPUやビデオカードの処理能力では足りず、CPUにも高負荷かけてるケースが多いです。

・動画のエンコード
→MPEGハードウェアエンコーダ搭載されている機種って少ないです。
大概、CPUに100%の負荷がかかっています。動画はエンコードに長時間かかるケースが多いので注意です。

・3Dのゲーム
→CPU、グラフィックボード両方に常に負荷がかかります。


パソコンを早く壊したく無ければ、上記の事柄をやめるしかないのですが無理ですよね。私だって無理です。
では、どうすればよいかというと、デスクトップ機なら電源容量に余裕を持たせ、空気の流れを気をつけてよく冷えるようにします。
ノートパソコンなら以前に掲載したとおり、底から冷やしましょう。かなり変わるはずです。

バックアップは頻繁に行いましょう。

壊れたら、ピーシーアシストAIZUで修理を承りますのでよろしくお願いします。
posted by ピーシーアシストAIZU at 19:51| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン修理に関する情報