2010年02月26日

【重要】NVIDIA製チップセット、GPU搭載パソコンの修理について

NVIDIA製チップセット、グラフィックチップ搭載ノートパソコンについて、GPU関連(マザーボード交換)の修理を一時停止致します。

最近、NVIDIA製チップセット、グラフィックチップ搭載ノートのGPU(グラフィックチップ)不具合が増えております。

この不具合の原因は熱によるチップの焼損であり、実際にNVIDIAも不具合を認めてリコールを実施しております。

http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20390032,00.htm

DELLに関しては無償修理の対象です。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/0730/dell2.htm

当店では、今までマザーボードの交換を実施しておりましたが、保障期間中に同一部分の故障が非常に多いため、これ以上の対応は困難と判断いたしました。(NVIDIAのGPU不具合関連はすべて赤字です)

今後、NVIDIAチップ搭載ノートパソコンについては直接メーカーへ修理をお願いします。メーカーにて無償修理の対象になる可能性もあります。
posted by ピーシーアシストAIZU at 14:58| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン修理に関する情報

2010年01月29日

SONY VAIO一体型パソコンのバックライト取り扱い開始!

株式会社エレバムとの共同企画第1弾!

Sony VAIO一体型 VGC-LAシリーズ用液晶バックライト
長さ417mm φ2.0mm 入荷しました!

このバックライトは現在、国内、海外でも流通しておらず、特注になっておりました。しかし、需要が多いと判断し当店の発注で作成してもらいました!

なお、価格は他のバックライトと同じです。

当然、VGC-LAシリーズのバックライト修理も受け付けます。
このシリーズの修理は今までお断りしておりましたが、ついにバックライトができましたので、一度断られた方もご検討いただければ幸いです。

当店だけの独占販売です! 是非ご利用ください。

バックライト販売はこちら
posted by ピーシーアシストAIZU at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン修理に関する情報

2010年01月27日

[個人的メモ]ALi M5229 PCI Bus Master IDE ControllerのPIO病

修理で遭遇したため、メモとして残しておきます。
RADEON IGPのチップセット採用機のサウスブリッジには、一時期ATI純正のものが安定していなかったため、互換性のある「ALi M1535+」チップセットを採用したマザーがあります。
また、Sony、Fujitsu、NECにこの組み合わせ採用パソコンがあります。(私が遭遇したのは Sony VAIO VGN-K50B でした。)

このサウスブリッジに搭載されているIDEコントローラ「ALi M5229 PCI Bus Master IDE Controller」には先天的なPIO病を抱えております。

症状はBigDrive(137GB以上)のハードディスクを接続すると、強制的にPIOになってしまうというものです。

治療法としては、ALiで公開されたSCSIドライバでIDEドライバを上書きするという方法をとります。

このサイトにアクセスし、「UPDATE!!!」のすぐ下にある「IDE4008.exe」のリンクからファイルをダウンロードし適用します。
http://wwwcsif.cs.ucdavis.edu/~leeey/a7a266/

なお、再起動は2回ほどかかりますのでご注意ください。
posted by ピーシーアシストAIZU at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン修理に関する情報

2010年01月20日

InternetExplorerに緊急パッチ

本日、本来のパッチ配布スケジュール外のパッチが公開されました。
内容はInternetExplorer向けのものです。
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20100120_343497.html

どうもGoogleが狙われた件の修正のようです。
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20100115_342505.html

特にIE6使用者が狙われています。すぐにパッチを適用しましょう。
Windows Updateを実行してください。
posted by ピーシーアシストAIZU at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンについてのアドバイス

2010年01月08日

ウイルス対策ソフトで安心してはいけない

本日、「Security Center」というウインドウを表示するウイルス対策ソフトが入っていたパソコンの修理を行いました。

単純に駆除でしたが、このパソコン、「Norton Internet Security 2010」が入っていてしかも更新有効の状態でした。
この状態で偽ウイルス対策ソフト+ウイルス5本感染しておりました。

どうも、Nortonは偽ウイルス対策ソフトがレジストリを操作し機能しないよう設定されていたようです。
その後、偽ウイルス対策ソフトがウイルスをダウンロードしたと考えられます。

このウイルス対策ソフト、パソコンのユーザーがインストールしない限り入りません。

このパソコンにはファイル交換ソフトが入っていました。

ウイルス対策ソフトは自動実行のファイルからは保護してくれますが、ユーザーが実行するファイルまでは保護しきれない部分があり、日ごろからの「変なファイルは実行しない(ブラウザ上からも)」という心がけはいつまでも大事ということです。
posted by ピーシーアシストAIZU at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンについてのアドバイス

2009年12月25日

年末年始の営業について

平素はピーシーアシストAIZUをご利用いただきありがとうございます。
年末年始の営業については以下のとおりになります。

2009年12月31日まで 通常営業

2010年1月1日、2日、3日 休業
※休業日に緊急で対応する場合、「休日」扱い(10,500円割り増し)になりますので、ご注意ください。
※緊急対応の依頼は「090-3420-5144」までお願いします。

2010年1月4日から9日まで 通常営業

2010年1月10日・11日 社員研修のため休業
※ただし問い合わせメールについては、確認パソコンを携帯いたしますので可能です。電話の問い合わせは緊急連絡先の番号「090-3420-5144」になります。

2010年1月12日から通常営業になります。
posted by ピーシーアシストAIZU at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン修理に関する情報

2009年12月08日

店舗移転のご案内と電話不通のお詫び

平素はピーシーアシストAIZUをご利用いただき、ありがとうございます。
本日、事務所を移転いたしましたのでお知らせいたします。

新事務所の住所
965-0878 福島県会津若松市中町1−9
電話番号は変わりません。

元住所(キャッスルマンション)に発送済の依頼品に関しましては、各運送会社様に転送手続きを済ませておりますのでご安心ください。

また、この移転作業の際、10:30〜13:30の間電話が不通になりました。
お客様にはご心配をおかけし申し訳ありませんでした。
posted by ピーシーアシストAIZU at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン修理に関する情報

2009年11月09日

アイオーデータ製NAS(LAN接続HDD)の一部に発煙の恐れあり。

情報元はこちらです。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20091109_327632.html

今回発煙する可能性がある機種は「HDL-GT」、「同GTR」、「同GTR2U」シリーズです。

対象のNASをお持ちの方はファームウェアのアップデートをしてください。できない方は当店が代行で実施することもできます。

また、この不具合が発言してしまった場合、無償修理になる模様ですが、かならずハードディスク内のデータがどうなるかを事前に確認してください。
修理の方法によっては消される可能性があります。
posted by ピーシーアシストAIZU at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンについてのアドバイス

2009年11月07日

無償のウイルス対策ソフトがMicrosoftから出ました。

なんと、Microsoftから無償のウイルス対策ソフトが出ました。
その名は「Microsoft Security Essentials」です。

ここからダウンロードできます。

Windowsが正規のものであればインストールできます。

このようにMicrosoftより無償のウイルス対策ソフトが出ましたので、かならずウイルス対策ソフトは入れておきましょう。
posted by ピーシーアシストAIZU at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンについてのアドバイス

2009年11月06日

SOTECでリカバリDVD(リカバリCD)が作成できない機種のハードディスク交換方法

SOTECで「緊急復旧CD」が付属し、ハードディスク内にリカバリ領域が存在するパソコンは、リカバリCD、DVDが作成できません。
さらに、リカバリDVDの提供もありません。(SOTEC Q&A 文書番号0000001523)

これでは、ハードディスクが故障した場合、自力で換装することができないことになります。(メーカー修理になってしまう)

しかし、なんとかリカバリDVDを作成することができました。また、ハードディスクの換装の際もコツがいるようです。

以下の方法ができない方へ、ハードディスクのリカバリ領域が無事の場合、ピーシーアシストAIZUにてリカバリDVDの作成、ハードディスクの換装サービス(有料)を行っております。
ぜひ、ご利用ください。

リカバリDVD作成方法、ハードディスク換装上の注意
posted by ピーシーアシストAIZU at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン修理に関する情報

2009年10月31日

Win32/Daonolというウイルスに注意してください。

Win32/Danolというウイルスがはやっているようです。
このウイルスはWindowsやFlashのセキュリティホールを使用して浸入します。

Windows Updateは必ずしておきましょう。
また、Flashのセキュリティホールを使用しているウイルスなので、Flashのアップデートも忘れずに。

そして、ウイルス対策ソフトは必ず入れておきましょう。
posted by ピーシーアシストAIZU at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンについてのアドバイス

Windows7のマルチタッチは失敗しやすい

 アイ・オー・データ製品などで採用されている光化学センサーの
場合は、「指の影」を使って位置を判定するためか「爪の先」
ではなく、「指先」で操作するのがまず良さそう。
また、「”指で押す感覚”で操作すると、操作に使っていない
指がつい光学センサーの検出範囲(液晶面より数mm)に
入ってしまい、結果として誤検出を起こす」(マルチタッチ
関連メーカー)という。このため、「押す」のではなく、
「軽く触る」という感覚がいいようだ。
 また、ページ送り/ページ戻りに使う「フリック操作」の場合
「画面を押して指をはらう」という指の動きがドラッグ操作と
ほぼ同じ。
高速に行うとフリック操作、低速ではドラッグ操作と認識される
ため、フリックをしたい場合は特に「素早く」を心がけて操作した
ほうがいいだろう。
 なお、フリックの「操作方向」が「ページ送り」でイメージ
する矢印方向と逆なのも要注意。指を押して左に払う。
つまり「←」をイメージするとページ送りに、逆に「→」を
イメージする操作をするとページ戻りということになる。
これは「矢印」をイメージするのではなく、置いてある紙を
指で動かすイメージで操作すると混乱がなくなる。
posted by ピーシーアシストAIZU at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンについてのアドバイス

2009年10月30日

Windows7はVistaとどのようなところが違うか(完全版)

Windows7が発売されました。Vistaに比べてかなりの改善が行われています。
今回はWindows7がWindows Vistaからどのように進化したかを報告したいと思います。

実際、この記事を書いているパソコンにはWindows 7 Home Premiumが入っています。
使用感を交えて報告いたします。

<>

(1)とにかく動作が軽くなった
Vistaの弱点のひとつとして動作が重いというのがありました。ネットバースト系(Pentium4とかPentiumD、その廉価版のCeleron)では3GHzを超えないと厳しいところでしたが、Windows7ではCeleron 2.2GHzのパソコンでも特に重く感じなかったのが素晴らしかったと思います。
WindowsXPよりは重いですが、(Socket 478の)Celeron 2GHzでも大丈夫でしょう。ただし、Vistaから搭載されている視覚効果Aero(エアロ)は、GeForce FX5000系以降かRadeon X系以降じゃないと動作しないようです。

(2)プログラムの実行や何かの設定をするたびに黒く反転するアレ(UAC)が最低限になった。
特にフリーソフトを使う人は感じると思いますが、正式なインストールを経たソフトではないと実行するたびに画面が黒く反転し、承認しないと実行されないという不便なところが解消しました。
このUACの反応を調整できることで対応したようです。
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/02/08/002/index.html

(3)lzhファイルの解凍、isoファイルのCD/DVD書き込み機能を標準搭載。

今のところ、以上の3点が自分にとってよかったと思う点です。
これ以外にも新機能はありますが、XPからの乗り換えの理由はこの3点で十分でしょう。
posted by ピーシーアシストAIZU at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンについてのアドバイス

2009年10月24日

windows7についてのアドバイス

・Windows7にはどんな種類があるの?
 さて、Windows7に乗り換えるとしたら、どのパッケージを購入ば
 よいのでしょうか?
 Windows7には、用途に応じて6種類のエディションが用意
 されています。
 その内訳は「Starter」「HomeBasic」「HomePremium」
 「Prefessional」「Enterprise」「Ultimate」です。 
 このうち、「HomeBasic」は日本国内では販売されず、
 「Starter」はパソコンメーカーがプリントインストールして
 提供する製品となります。また、「Enterprise」は
 企業向けユーザー向けとなります。
 このため、実質的にはパッケージ版として購入可能な製品は
 「HomePremium」「Professional」「Ultimate」の
 いずれかになります。
 機能的には全ての機能を搭載した「Ultimate」、Ultimate
 から多言語対応と情報を漏えいさせないための暗号化機能
 BitLokerを省いた「Professional」Professionalから
 ネットワークバックアップ機能、企業のネットワークに
 接続するためのドメイン参加機能、XPモードを省いたのが
 「HomePremium」となります。
・家庭で使うならどのエディション?
 メールをやり取りしたり、ホームページを見たり、ブログを
 書いたり、写真やビデオを取り込んだりと、家庭などで
 一般的な用途にパソコンを使うのであれば「HomePremium」
 がもっとも適したエディションになるでしょう。
 最上位のUltimateと比べるとXPモード、、ドメイン参加
 ネットワークバックアップ、BitLoker、多言語対応の機能が
 なくなりますが、これらは全て企業向けの機能となります。
 Windows7の新機能として、いろいろなところで紹介されている
 XPモードが使えないのが少々残念ですが、
 XPモードの利用には 仮想化技術に対応したCPUも
 必要になりますので、そもそも
 今お使いのパソコンが対応していないと利用できません。
 価格も通常版で24,800円、アップグレート版でも15,800円と
 手頃な上、おそらくメーカー製のパソコンにももっとも
 多くプリントインストールされると予想されますので
 Windows7の中でもっとも一般的なエディションと
 なるでしょう。
 HomePremiumでも、改善されたタクスバーやAero Peekなどの
 新機能、非常に快適な動作速度というWindows7ならではの
 メリットを得ることができますので、家庭で使うには
 もっとも適しているでしょう。
・職場で使うならどのエディション?
 企業などの大量導入する場合などは、恐らく1つの
 Windows7に複数の使用権が付与されたボリュームライセンスで
 提供されるEnterpriseが採用されることも多いでしょう。
 一方、もしも家庭でも職場でも使うパソコンを自分で
 購入するというのであれば、必ずProfessional以上の
 エディションを選んでおきましょう。
 セキュリティの問題で個人のパソコンを企業のドメインに
 参加させることはなかなか難しくなってきていますが、
 もしも可能であってもwindows7がドメインへの参加機能を
 サポートしていないと企業のネットワークに繋ぐことは
 できません。
 ドメインへの参加はProfessional以上でのみサポート
 されていますので、Professional/Enterprise/Ultimateの
 いずれかのエディションを選択しましょう。
 また、BitLokerによる高いセキュリティ機能や海外との
 情報のやり取りなどに便利な多言語環境が必要な場合は、
 全部の機能が搭載されたUltimateやEnterpriseが必要に
 なります。用途を考慮して適切なエディションを選ぶ
 ようにしましょう。とのあれ、様々な新機能が
 搭載されたWindows7。10/22の発売が非常に楽しみです。
posted by ピーシーアシストAIZU at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンについてのアドバイス

アップグレートについてのアドバイス

(1)アップグレートか買い替えか?
 「そんなに速くて、快適なら、Windows7に乗り換えようか」
 と思い始めた人も少ないことでしょう。
 Windows7は、いわばXPの動作速度とVistaの機能を合わせて
 さらに進化させたようなOSです。
 今、WindowsXPを使っている人も、WindowsVistaを
 使っている人も Windows7に乗り換える事で必ずメリット
 を得ることができます。
 では、もしもWindows7に乗り換えるとしたら、どのような
 方法が適しているのでしょうか?
 Windows7に乗り換える方法は、大きく分けて2つあります。
 いつは今使っているパソコンのアプリケーションやデータは
 そのままに、OSだけをWindows7にアップグレートする方法。
 もう1つはパソコン自体を買い換える方法です。
 それぞれのメリット・デメリットについてケース別に  
 見ていきましょう。
・WindowsVista搭載機を使っている場合
 WindowsVistaが搭載されたパソコンを使っている場合は
 アップグレートするか、買い換えるかは、どちらでも可能です。
 まず、アップグレートする場合のメリットを見ていきましょう。
 WindowsVistaからWindows7へのアップグレートは簡単です。
 Windows7のパッケージを購入すれば、今使っている
 パソコンの環境などを引き継ぎながらwindows7を
 インストールすることができます。
 必要なのはWindows7のパッケージのみでしかも優待価格の
 アップグレート版のパッケージを購入することができますので、
 1万5000円〜2万6000円前後と買い替えよりは費用を抑える
 ことができるのがメリットです。
 ただし、問題はアップグレートインストールが問題なく
 できるかどうかです。Windows7はWindowsVistaと高い
 互換性を持っていますので、アップグレートインストールの
 難易度はさほど高くありません。
 ただし、パソコンによってはメーカー製の専用ドライバー
 アプリケーションがインストールされていることもあります。
 これらのドライバやアプリケーションがWindows7でも問題なく
 動作するとは限りません。Windows7の販売が近づけば
 メーカーからアップグレート情報が提供されるようになります。
 自分で使っているパソコンでWindows7が動作するか、
 またはインストールに必要なドライバやアプリケーションは
 入手できるかを、事前に確認するとよいでしょう。
・WindowsXP搭載機を使っいる場合
 WindowsXPが搭載されたパソコンを使っている場合、
 基本的には Windows7が搭載したパソコンへ買い替えが
 推奨されます。
 WindowsXPはWindows7のアップグレート対象外となって
 おりますので、Vistaのようにアップグレートインストールを
 することができません。
 また、WindowsXPが搭載されたパソコンの多くは販売から
 3年以上が経過している可能性があります。この時代の
 パソコンの性能を考慮すると、Windows7を快適に動作
 させるだけのスペックを備えていない可能性もあります。
 現在、5万円前後で販売されているネットブックや低価格の
 パソコンなどの方が性能が高い場合もありますので、
 思い切ってWindows7が搭載されたパソコンに買い換えた方が
 効率いいでしょう。
posted by ピーシーアシストAIZU at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンについてのアドバイス

メールについてのアドバイス

(1)メールはどうすればいいの?
 Windows7には、たくさんの新機能が追加されていますが、
 その一方で、これまで標準で搭載されていた機能のうち、
 削除されているものもいくつかあります。
 中でも代表的なのがメールソフトです。
 WindowsXPではOutlookExpress,WindowsVistaでは
 Windowsメールが 標準で搭載されていましたが、
 Windows7にはこのいずれも 搭載されていません。
 では、メールはどうせればよいのでしょうか?
 これには大きく分けて3つの方法があります。
 1つはWebメールを使う方法。もう1つはフリーメールソフトを
 使う方法、そして最後はOfficeのOutlook2007など
 市販のメールソフトを購入する方法です。
メールが使えないと、仕事や友人などとの連絡にこまって
 しまいますので、どれかの方法でメールを使えるように
 しておきましょう。ここでは費用をかけずにメールを
 利用できるWebメールとフリーメールソフトを利用する
 方法を紹介しましょう。
・Webメールを使ってみよう
 最近では、メールソフトがパソコンにインストールされている
 場合でも、それを使わずにブラウザを使ったWebメールでは
 メールの逆受信を済ませている人も少なくありません。
 最近のWebメールはメールソフトと同じ位機能が充実して
 いますし、複数台のパソコンを使っている場合でも
 どこでも利用できるのが便利だからです。
 このため、Windows7の利用を機に、思い切ってメールソフトから
 Webメールへと乗り換えてしうのも1つの方法です。
 Webメールにはさまざまなサービスがありますが、
 ぷらら会員であれば、ぷららのWebメールサービスを利用
 するのがもっとも手軽です。
 ぷららのトップページにはWebメールにアクセスするための
 リンクがあるので、ここから「ログイン」ボタンをクリック
 してアクセスしましょう。ログイン画面でメールアドレスと
 パスワードを入力すると、メールボックスが表示され、
 受信したメールを読んだり、新しくメールを送信したり
 することができます。
・フリーメールソフトをインストールしよう
 「メールはやっぱりメールソフトを使いたい」という場合は
 フリーの、メールソフトをインストールするとよいでしょう。
 どのメールソフトを使うかは好みにもよりますが、
 WindowsXPのOutlookExpressやWindowsVistaの
 Windowsメール を使っていたのであれば、
 「windowsメール」がおすすめです。
 Windowsメールとほとんど同じ操作で使えるようになった上、
 OutlookExpressやWindowsメールでバックアップした 
 メールデータやアドレス帳なども問題なくインポートする
 ことができます。
 WindowsLiveメールは、WindowsLiveのサイトから無償で
 ダウンロードすることができます。
 アクセスしたら「今すぐダウンロード」ボタンでクリック
 します。すると専用のダウンロードが起動しますので
 インストールしたアプリケーションを選択します。
 テレビ電話が楽しめるWindowsLiveメッセンジャーや
 写真を管理したり共有したできるWindowsLiveフォトギャラリー
 などもありますが、必要に応じてダウンロードしましょう。 
 インストール後、windowsLiveメールを起動し、
 メールアカウントやパスワードを設定すればメールを
 逆受信することが可能です。 
posted by ピーシーアシストAIZU at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンについてのアドバイス

2009年09月27日

10月からの修理受け入れ態勢について

この所、土日や祝日を中心に問い合わせが増加しております。
当店は従来日曜日と祝日が休業だったため、お客様にご迷惑をおかけしてしまう事が多々ありました。

この10月より、社員の出社パターンや受け入れ方法を見直すことにより、なるべく年中無休で問い合わせに対応できるよう体制を整えております。

まず電話にての問い合わせは10月より日曜祝日も朝10時〜午後6時まで受け入れいたします。
当然、メール、FAXの受け入れは24時間可能です。回答は1営業日以内を目標にがんばります。

今後とも、ピーシーアシストAIZUをよろしくお願いします。
posted by ピーシーアシストAIZU at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン修理に関する情報

2009年08月13日

Windows7のインストールの注意事項

Windows7のボリュームライセンス向けの提供が開始されました。
このWindows7はWindows Vistaに比べ、動作が軽く、設定を変えるたびにうるさいUACも大人しくなり、乗り換えたい人も多いと思います。

今回は、このWindows7への乗り換え(アップグレード)で最も気をつけなければならない点を紹介します。

あえてWindows Vistaを避けてWindowsXPからWindows7へアップグレードされる方がいらっしゃると思いますが(この記事を書いている私もですが)、WindowsXPからWindows7へのアップグレードはクリアインストールになってしまうことに気をつけなければなりません。

つまり、WindowsXPが入っているパソコンにWindows7のDVDを入れアップグレードを行おうとすると、Windows7のアップグレードプログラムはWindowsXPの存在を確認後、ハードディスクを消去(フォーマット)してしまい、Windows7をインストールする行動をしてしまうということです。
ということは、WindowsXPパソコンに入っているデータはすべて消去されてしまいます。

結果、泣き目を見ないために、Windows7へのアップグレードの際は、一度マイドキュメントやメールなど大事なデータは別のハードディスクに退避させる必要があります。

手順、方法がわからない方はピーシーアシストAIZUで作業いたします。
料金は診断料(3,150円)+作業工賃(15,750円)で18,900円です。
ぜひ、ご利用ください。
posted by ピーシーアシストAIZU at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンについてのアドバイス

2009年08月12日

Seagate Barracuda 7200.11ハードディスクのファームウェア不具合による故障の救出に成功しました。

Seagate Barracuda 7200.11ハードディスクのファームウェア不具合による故障の救出に成功しました。

このハードディスクは、ファームウェアの不具合により、突然アクセス不能になり、BIOS上でも認識しなくなる問題がありました。

当店ではシリアル通信によるファームウェア修正により、データの救出に成功いたしました。

Barracuda7200.11

なお、この修理は重度物理扱い(交換部品なし)で31,500円(返却媒体代、送料別)で取り扱います。

自分で救出するのは難しい方、ぜひピーシーアシストAIZUにお任せください。
posted by ピーシーアシストAIZU at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン修理に関する情報

2009年07月17日

お盆の営業について

ピーシーアシストAIZUは以下の日程でお盆休業になります。

2009年8月13日(木)〜16日(日)

上記以外の日については、従来通りの営業となります。
ご不便をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。
posted by ピーシーアシストAIZU at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン修理に関する情報