2009年07月10日

本日、ほおずき市がありました

ピーシーアシストAIZUの目の前を「野口英世青春通り」が走っています。
この野口英世青春通りにて、本日ほおずき市が行われております。

正式には、田中稲荷神社祭礼ですが・・・
http://wiki.livedoor.jp/aizu_fukyu/d/%A4%DB%A4%AA%A4%BA%A4%AD%BB%D4%A1%CA%C2%E7%C4%AE%C4%CC%A4%EA%A1%CB

これから会津秋祭りにかけて、会津若松市では色々なイベントが行われます。

会津の熱い夏が始まりました。
IMG_0415.JPG
posted by ピーシーアシストAIZU at 18:15 | TrackBack(0) | 日記

2009年06月26日

Windows7 HomePremium Upgradeが7,777円

WindowsXP、Vistaユーザー対象のWindows7 HomePremium アップグレード版が10日間限定で7,777円で販売されています。
販売場所は、マイクロソフト直営のマイクロソフトストアです。

http://www.microsoftstore.jp/

Windows7を半額で手に入れるチャンスらしいので、検討してみてはいかがでしょうか。

ちなみにWindows7ですが、RC版(発売直前のお試し版)が私の以下のスペックのパソコンで無事動作しています。

CPU: Penium4 2.66MHz
メモリ: DDR3200(PC400) 512MB
HDD: 80GB(P-ATA)
グラフィック: 865Gチップセット内臓
サウンド:マザーボード付属(RealTek AC97規格)
有線LAN: 玄人志向GbE-PCI2(VIA VT6122)

まず、WindowsVistaから導入されたWindows Aero(エアロ)は動作しません。
ウイルスソフトにAVG入れてますが、極端に動作が遅くはありません。(WindowsXPと同じぐらいの重さです)

Windows Vistaでエアロが動作しているパソコンはWindows7でもエアロが動作するようです。
しかし、Windows Vistaでエアロが動作しないパソコンはWindows7でもエアロは動作しません。

Windows7を導入できるパソコンですが、エアロの動作を無視、3Dゲームをしない、ハイビジョンテレビ、HD動画見ないのであれば以下のスペックあれば良いと思います。

・Pentium M 1GHz または Pentium4 2GHz以上
・メモリ DDR、DDR2、DDR3で 512MB以上(1GB推奨)
・HDDはあまりこだわらなくて良い。最低40GBあれば十分。

以上のスペックを満たしたノート、デスクトップであれば問題ないと思います。(エアロの動作は考えていません)
posted by ピーシーアシストAIZU at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンについてのアドバイス

2009年06月05日

偽ウイルス対策ソフトにご用心

当店にウイルスに感染したパソコンが入ってきました。
どのようなウイルスに感染していたか、起動して確認を取ったところ、まず以下のような画面が表示されました。

ウイルス動作1

ウイルスが検出されました的な画面ですが、これは嘘画面です。
中央のウインドウは実はGIF画像だったりします。
このパソコンは偽ウイルス対策ソフトに感染しているようです。
この画面、強制終了させることが出来ず、パソコンを電源ボタンで強制にシャットダウンしなければなりませんでした。

ウイルス駆除のために再び起動してみると、デスクトップ画面が表示されませんでした。

ウイルス動作2

デスクトップ画面を復旧する方法も考えましたが、複数のウイルス感染も疑われたので、このパソコンからハードディスクを取り出し、ウイルスの検索を行いました。

結果・・・

ウイルス感染状況

36個感染というのも、凄いものがあります。

ウイルス対策ソフトが機能していない場合、知らず知らずのうちにウイルスは感染しています。

このお客様の場合、ウイルス対策ソフトは入っていましたが期限切れでした。

期限切れのウイルス対策ソフトを放置するのも危険です。
早急に別のウイルス対策ソフトを入れるか、契約を更新してください。
面倒な方は、ウイルスセキュリティZEROがお勧めです。
posted by ピーシーアシストAIZU at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンについてのアドバイス

2009年05月22日

東北エレバム社製バックライト導入のお知らせ

トップページのFlashで気付かれた方もいらっしゃるかと思いますが、バックライトの仕入れ元が変わりました!
ピーシーアシストAIZUの地元会津にバックライトを生産している東北エレバム株式会社(株式会社エレバムの子会社)があります。

ピーシーアシストAIZUは株式会社エレバムとの取引を開始いたしました。今後、バックライト交換は東北エレバム株式会社製のバックライトを使用いたします。

株式会社エレバムのホームページはこちらです。
http://www.elevam.co.jp/

近日中に、この株式会社エレバムのバックライトの販売も開始致します。
また、色合いを調整したカスタムバックライトの注文もお受けいたします。(10万円以上かかりますが)
posted by ピーシーアシストAIZU at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン修理に関する情報

2009年05月18日

新型インフルエンザへの"個人の"対策はどうすればいいか

皆さんもご存知のことかと思いますが、ついに関西地方を中心に新型インフルエンザが蔓延し始めてしまいました。

こうなってしまいますと、自分の身は自分で守るしかありません。
新型インフルエンザへの個人的な対策として、どうすればよいか考えてみました。

日本政府が提唱している対策としては・・・
1.不要不急の外出、旅行をしない
2.うがい、手洗い、マスクの励行
3.最悪の事態に向け、食糧の備蓄をする


このうち1,2は感染防止には当たり前のことなので、備蓄について考えてみました。

これは、ある健康食料品店の1コーナーですが、備蓄について詳しく書かれています。
http://www.rakuten.co.jp/dr-meal/1579256/

ただ、このページの内容に疑問を持ったところが2つあります。
◆レトルト食品を大量に備蓄すると、賞味期限が迫っているものから消費しろといわれても結局、消費せずに大量廃棄することにならないか
◆他の災害と比べて生活インフラ(電気、ガス、水道)が止まり難いので、飲料水の備蓄はあまり要らないのではないか。(地震、洪水の対策分で充分)

なぜこう思ったかというと、レトルト食品と外食が成分的にほぼ同じという考え方ができ、なるべく避けたいという人がいるのも事実という点でしょう。
場合によっては、毎日備蓄のレトルト食品(ほとんど同じ品)ばかりになってしまい、飽きが来てしまうことも考えられます。
また、水については設備が壊れるわけではないために、よほどのことが無い限り止らないという考えが出来ます。

以上を考慮した結果、無理なく備蓄できる方法がありました。

1.玄米(ちゃんと保存すれば1年持ちます)
※米については農家に付き合いがあると、もらい物だけで1年分も備蓄できたりします。
2.乾燥麺(これも同じ)
3.乾燥野菜(以外に日が持ちます)
4.缶詰やレトルト食品は普段食べているものを飽きが来ない数で
5.塩は2kg袋ぐらい備蓄しておく

つまり、乾燥している保存食品を中心に備蓄する方法です。
地震、洪水と違い、水道はよほどのことが無い限り停止しませんから、水を使用する調理はできるわけです。
posted by ピーシーアシストAIZU at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年05月15日

HPのノートパソコンのバッテリーにリコールが出ています。

HPのノートパソコンのバッテリーにリコールが出ています。
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20090515_168622.html

対象はCompaq 6720s Notebook PC、Pavilion Notebook PC dv2405、同dv2605、同dv6200、同dv6205、同dv6500、同dv9500、およびG7000 Notebook PCの8機種とのことです。
posted by ピーシーアシストAIZU at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン修理に関する情報

2009年05月11日

SSDの寿命がくると、こうなる!

GigaZineにSSDの寿命が来たときのレポートが載っていました。
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080204_usb_memory_life/

どうも、じわじわとデータが読めなくなったり、エラーになったりするそうです。

つまり、不良セクターがどんどん増えていくという現象になります。

もし、中のデータがおかしいと思ったら、すぐに救出しないと救出できなくなる恐れがあります。

中のデータがおかしいと感じたら、すぐに電源を切りデータ救出をご依頼ください。
posted by ピーシーアシストAIZU at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン修理に関する情報

2009年04月27日

巨大ファイル受け渡しサイトの紛らわしい広告

巨大ファイル受け渡しサイト「データ便」の紛らわしい広告について、記事にされている方がいます。
確かに、この話はひどいです。
http://orbit.cocolog-nifty.com/supportdiary/2009/04/kingsoft-e296.html

この事例に限らず、海外の有名動画サイト(ユーなんとか)では、日本語の広告でスパイウェアを配布していた(偽ウイルス対策ソフト系)過去もあり、有名なサイトであっても広告は信頼できない場合もありますので、ご注意ください。
posted by ピーシーアシストAIZU at 13:17| Comment(2) | TrackBack(0) | パソコンについてのアドバイス

2009年04月24日

無線LANの漏れ電波とセキュリティ

あなたは、自宅の無線LANが他人に勝手に使われていることがあることをご存知ですか。

機種にも寄りますが、無線LANの電波はガラス窓を挟んだとしても200メートル飛ぶ場合があります。また、窓を開けて障害物が無い状態では最大500メートル程度飛ぶこともあります。

無線LANは接続するとき、まず受信可能なアクセスポイント(親機)を探し、一覧を表示します。そして、自分が接続したいアクセスポイントを選択して接続します。

このとき、パスワードがかかっていない(セキュリティ対策がされていない)無線LANは誰のものであろうとワンクリックで接続でき、自由に回線を使用できてしまいます。

無線LANの子機(クライアント)はパソコン以外にNintendo DSやPSPも含まれます。
最近、初期の無線LANを導入した、特にお年寄りだけの家の前で子供が無線LANの漏れ電波を使用してゲームをしているのを見た方がいます。

まだゲームならマシなほうです。
これがもし、パソコンでそこからウイルスが放たれた場合、ウイルスを放った証拠が漏れ電波を出していた家の親機等に残るため、本当の犯人ではなく漏れ電波を出していた家の住人に疑いがもたれたり、強制捜査が入ることも考えられます。

以上のことから、かならず無線LANにはセキュリティの設定を行いましょう。

最近の無線LANは政府からの指示により、最初からセキュリティの設定がされています。
しかし、今回触れた事例が問題化し、セキュリティ設定の命令が出たのは2004年4月です。
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2004/04/12/2762.html

そのころまでの無線LANは特に設定を行っていない場合、開放状態で危険です。

設定が難しい方は、遠慮なく設定業者をご利用ください。当店でも場所により出張料をいただきますが、福島県内どこへでも無線LANの設定サービスを行っています。
会津若松市内、会津美里町、湯川村、下郷町、南会津町の方は出張料無料(単純に設定変更なら基本工賃3,150円+設定料5,250円=8,400円)で対応いたします。
ぜひ、お問い合わせください。
posted by ピーシーアシストAIZU at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンについてのアドバイス

2009年04月20日

ゴールデンウィーク中の修理対応について

当店のゴールデンウィーク中の営業について、以下の日程で営業いたしますので、よろしくお願いいたします。

4月28日まで 通常営業
4月29日 休業
4月30日、5月1日、2日 通常営業
5月3日、4日、5日、6日 休業(社員研修)
5月7日以降 通常営業

5月3日〜6日の休業に関しては、弊社社員のスキルアップの為、東京へ社員研修に行ってまいります。

この期間、緊急のお客様は弊社担当(佐藤)の携帯電話「090-3420-5144」またはメールにて対応させていただきます。

以上、よろしくお願いいたします。
posted by ピーシーアシストAIZU at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン修理に関する情報

2009年04月15日

WindowsXPメインストリームサポート終了

本日を持って、WindowsXPメインストリームサポートが終了しました。
つまり、今後WindowsXPのライセンス発行、新機能の追加はなくなりましたので、ご注意ください。

一番の問題は、WindowsXPのインストールCD、DVDが現在流通しているもので終了となっている点です。
この流通分が無くなると、WindowsXPの新規取得が難しくなります。

当店ではWindowsXPが入手できる間は、OSの無い、またはリカバリ入手不能のパソコンに対するWindowsXPの新規インストールを提供いたします。
流通分が無くなった場合は、Windows Vistaにするか、XPが入手できるまでお待ちいただくか、Windows 7の発売を待つかの選択になりますので、ご了承ください。
posted by ピーシーアシストAIZU at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン修理に関する情報

2009年03月27日

今日の記事の余談

本日の別の記事にあった通り、当店ではFMV DESKPOWER LXシリーズの修理を結構やっているわけですが、中にはこんなのもありました。

LX、すごいゴミこれはひどい。

このLXはお客様の修理依頼で入ってきたものではなく、Yahoo!オークションで落札したものです。
今後、検証用か事務用に使用予定です。

あまりにもゴミが凄いので、どこで使用していたのかが気になります。
posted by ピーシーアシストAIZU at 11:51| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン修理に関する情報

富士通FMV DESKPOWER LXシリーズの修理ができます!

最近、富士通のFMV DESKPOWER LXシリーズの修理が結構入ってきています。
http://www.fmworld.net/fmv/pcpm0812/deskpower/lx/index.html?fmwfrom=fmv_serieslist
FMV LX70X/DFMV LX70X/D、この形状以外のLXシリーズもあります。一体型デスクトップです。

お客様からのお話では、この機種は修理が出来ない業者が多く、大変困っている方が多いとの事です。
よくある故障の症状としては、バックライトが点灯しなくなる(画面が暗くなってしまう)という典型的なバックライト切れの症状ですが、修理が難しくバックライトを修理する他業者でも断ることがある機種とのこと。

当店では、このFMV DESKPOWER LXシリーズ(LX70M、X70TD、LX70H、LX70L、LX70Y、LX70W、LX75R、LX50KN、LX50TD、LX50H、LX50J、LX50L、LX55Y、LLX50Y、LX50K、LX/A70D、LX/B70D、LX/C70D、LX/B90Dなど)の修理は可能です。修理実績もあります。(この記事のLXもバックライト修理です。メモリも問題あったようです。)

ぜひ、FMV DESKPOWER LXシリーズの修理はピーシーアシストAIZUへどうぞ。
posted by ピーシーアシストAIZU at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン修理に関する情報

2009年03月26日

InternetExplorer8とSpybotの相性問題があるもよう

先週公開されたInternet Explorer8に問題があるようです。

InternetExplorer8とSpybotの間に相性問題があり、Internet Explorer8の起動が遅くなるようです。

これからInternet Explorer8をインストールする方は気をつけてください。

くわしくは
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2009/03/26/22918.html
posted by ピーシーアシストAIZU at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンについてのアドバイス

2009年03月25日

松下のスリムドライブは欠陥商品なのか

前々から気づいていたのですが、ピーシーアシストAIZUに入ってくる故障パソコンのうち、CD、DVDドライブ故障のものは8割方松下製ドライブ(UJ-XXX、UJDA-XXX)を搭載しています。

故障の内容はCD、DVDが読めない、書けない、認識しないといった具合でドライブ交換すると直ります。(つまり、ドライブが故障しているわけです)

あまりにも松下製が故障するので、なぜ故障するのか当店なりに考えてみました。
色々なパソコンと接しているうちに、一つの故障パターンが見えてきました。

まず、同じ松下製なのに故障しにくいスリムドライブが存在すること。
そして、故障するドライブの形状が同じこと。この2点です。

松下製なのに故障しにくいスリムドライブとは・・・
まず1つめがLet's NoteのWシリーズ、Tシリーズに搭載されているドライブです。
2つ目がこれ。
LF-P767CLF-P767C

共通していることは、ドライブの蓋が上に開くんですね。
逆に故障しているのは横に飛び出すか、スロットインタイプのものです。

ということは、モジュール(基盤やレンズ)の欠陥ではないといことになります。

そして、ドライブが故障したパソコンに共通している点、それはホコリがドライブに詰まっているという事です。(肉眼では確認できない部分に詰まっているケースも)

どうも、ホコリを吸い込みやすい構造のようです。
長持ちさせるには、ホコリが少ないところで使用するか、定期的にドライブを掃除(難しいですが)するのが良いと思います。
posted by ピーシーアシストAIZU at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン修理に関する情報

2009年03月13日

5年前のモバイルパソコンと現在売られているネットブックの性能差

ネットブック買い替えの損得に関する記事がインプレスに掲載されています。
http://www.watch.impress.co.jp/akiba/hotline/20090314/sp_netbookv1.html

執筆者は「改造バカ一台」の高橋氏です。

かなり面白い記事でしたので紹介します。

5年前のモバイルパソコン(記事ではVAIO Type S VGN-S70B)とEeePCの比較です。

個人的な感想では、HDDを強化(SSD換装)すれば、今のネットブックよりも性能は上になってしまうようです。
当ブログで何回も触れているとおり、HDDは消耗品です。5年にもなると、経年劣化の症状が出てきてもおかしくありませんので、予防的な意味でも換装したほうがいいでしょう。

結論として、Pentium M搭載のモバイルパソコン所有者はネットブックに買い換えるより、SSD換装のほうが安上がりで性能が上になってしまうことが多いということです。

当店ではSSDへの換装も承ります。モバイルパソコンで有名なLet'sNoteシリーズも、分解割り増しはありますが随時受け付け可能です。

ぜひ、ネットブックへの買い替えよりも、自分愛用のパソコンを強化することを検討してみてはいかがでしょうか。
posted by ピーシーアシストAIZU at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンについてのアドバイス

2009年03月04日

PE_VIRUXウイルスに要注意

最近、よく感染が報告されているのは、Autorun.infを悪用したウイルスですが、トレンドマイクロでは今後PE_VIRUXというウイルスへの警戒を呼びかけています。

http://jp.trendmicro.com/jp/threat/security_news/monthlyreport/article/20090304021511.html

このウイルスは、近年あまり見かけなくなった「ファイル感染型」ウイルスです。
つまり、既存のexe等の実行形式ファイルにウイルスコードを書き込んで感染するタイプのウイルスです。

同型のウイルスでは過去「チェルノブイリ」というウイルスが流行しました。(もう10年前ですが)
このときはウイルスコードが決まった位置に書き込まれるため、ファイルからのウイルス駆除は簡単でした。(ウイルス対策ソフトは対応できました)

しかし、PE_VIRUXはウイルスコードを実行形式ファイルのランダムな位置に書き込みを行い、なおかつ暗号化するようです。
つまり、書き込まれる場所によっては実行形式のファイルが破壊されます。(本来のプログラムがウイルスで上書きされます)
また、暗号化も回数を重ね、ランダムなコードを書き込む様子もあり、ウイルス対策ソフトでは対応が難しくなっています。

トレンドマイクロでは、ウイルス対策ソフトの更新をまめに行い、変なファイルは開かないよう(基本的なことですが)呼びかけています。
posted by ピーシーアシストAIZU at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンについてのアドバイス

2009年02月27日

Black Berry Boldに不具合があった模様

BlackBerryBoldに不具合が合ったようです。
現在発売停止になっています。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0902/27/news059.html

情報では充電池の不具合のようです。
今後の情報にご注意ください。
posted by ピーシーアシストAIZU at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンについてのアドバイス

2009年02月19日

ボット型ウイルスの対策法(追記)

本日の記事、ボット型ウイルスの対策法をまとめたサイトがありますので、参考にどうぞ。
http://www.botkujo.jp/
posted by ピーシーアシストAIZU at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンについてのアドバイス

ウイルスに感染しないために

本日19時30分よりNHK総合で放送されたクローズアップ現代にて、コンピュータウイルス(特にボット系ウイルス)についての最新情報を放送していました。

最近のウイルスはボット型が多数を占めています。
このボット型ウイルスというのは、感染したパソコンを攻撃の踏み台にするウイルスです。
特殊なソフトでウイルスに対し「指示」を出すと、同じウイルスに感染しているパソコンの間で「指示」をやり取りし、「指示」の内容を実行します。(感染パソコン全てでです)

この「指示」は、多いのがネット上の特定コンピュータにアクセスするだけのことですが、感染しているパソコンがウイルスによっては600万台あるため、攻撃対象のコンピュータは対処できずに故障します。

このコンピュータがヤフーや楽天のようなサイトを配信しているならば、被害は甚大です。

さらに闇世界では、このボット型ウイルスの命令発動権をレンタルして莫大な利益を上げている者もいます。

そして、感染したパソコンは感染したことに気づかないように今日も動いています。(使用している人も気づいてません)



ウイルスは昔は怪しいファイルを開かなければ感染しませんでしたが、CodeRedというウイルスが風穴を空けてしまいました。

このCodeRedは特定のセキュリティ対策プログラムを適用していないIISを運用しているコンピュータに自動で感染するウイルスでした。

つまり、何もしていなくても勝手に感染するウイルスの第1号です。
ただ、このときはIIS自体が一般の人は使用していなかったので、一般への被害はあまりありませんでした。

一般の人に被害が出た自動感染のウイルスの最初はNimdaだったと思います。
このNimdaはWindowsに標準搭載されている機能を使い、ネットワーク経由で自動感染するウイルスでした。(それ以外にもメールのパターンやウェブサイト改ざんによるウイルス埋め込みなど、考え付くありとあらゆる感染手段を使用しています)

現在はこのNimdaを参考にして非常に多種類のウイルスが作られてしまっています。

当然、自動感染の方法も日々研究されているでしょう。
次々と新しい手段で感染を試みます。

このようなウイルスからどのように守ればいいのか・・・



当店から考えたウイルス感染防止の方法は以下の4つです。

1.ウイルス対策ソフトをいれ、契約が切れないようにする。
2.ウイルス対策ソフトは常に自動更新にし、1日1回ウイルススキャンをかける。
3.ウインドウズの自動更新をONにしておく。
4.必ずルーターを入れる。(ネットからの不正データをシャットアウトします)

これでも防ぎきれないことがありますが、今できることでは限界でしょう。
特に4はお勧めです。光回線を導入された方はモデムにルーターが搭載されていますので問題ありませんが、ADSLの方はルーターがない人が多いですので(フレッツ接続ツールを使用している人は特に)導入を検討していただいたほうがいいです。

なぜルーターを入れるのか。
ルーターと同じ機能(不正なアクセスを遮断する)がウイルス対策ソフトにもあります。これでもある程度は有効ですが、ウイルス対策ソフトに穴があった場合防げません。(ウイルス対策ソフトを導入していることを前提で)ルーターがあれば2段階の壁があり、今まで以上に不正アクセス(ウイルスの自動感染)を防ぐことができます。
posted by ピーシーアシストAIZU at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコンについてのアドバイス